当たる占い師を見分ける方法は、素人でもいくつかポイントを押さえれば少なくとも詐欺被害に遭うリスクは避けられるでしょう。

占い師は、誰でも始められる商売のため、残念ながら詐欺師も多く存在します。鑑定が当たらず、かつ詐欺目的の占い師を見分けるポイントは以下の通りです。

■お金が必要なものを勧めてくる
詐欺の占い師はお金を儲けることが主目的なので、必ず開運やお祓いなどの名目で物品購入や有料オプションなどを勧めてくると思います。

「このグッズを買って運勢を上げなければ失恋する」「今すぐお祓いをしなければ寿命が短くなってしまう」といった脅しで、お金を払わせる気にさせようとするのです。

悪い結果で脅して、お金を払ってグッズを買ったりオプションに申し込まなければその通りになる、と言ってくる占い師には気を付けましょう。

結果に依存しすぎず、本当に必要なことにのみお金を払いましょう。

■何度も鑑定を受けさせようとする
占いに依存しすぎると、何度も鑑定に通うことになり出ていくお金が大きくなります。何でも占い師に判断を仰いだり、決めてもらおうとする姿勢は改めましょう。

逆に、ああしなさいこうしなさいと無理やり強制せず、鑑定の頻度やペースは依頼者の自由にさせてくれる占い師は良心的と言えます。

占いが自分の運命を決定したり変えるのではなく、最終的には自分の意志や決意による行動がすべてなのです。自分から変える勇気が無くても、時が解決してくれる場合もあるでしょう。